【弁護士監修】法定相続分とは何か

この記事の監修者:弁護士 内藤政信

【所属事務所】優和綜合法律事務所(第一東京弁護士会)

askproをフォローする

 

遺産相続を考えるうえで、「法定相続分」というキーワードは押さえておきたいポイントです。

法定相続は、相続財産とどのような関係性があるのか、しっかり考えていきましょう。

この記事を読んでわかること

法定相続人の範囲
法定相続分の割合

法定相続分とは、法定相続人に割り振られた、相続財産の取り分のことです。法定相続分を考えるにおいて、まずは法定相続人のことを理解しなければなりません。

法定相続分を知るには法定相続人を確認する必要がある

法定相続人とは、相続権を持つことができる人のことで、血族の方になります。

イメージがつきにくいと思いますので、下記の表をご確認ください。

法定相続人
被相続人との具体的な関係
配偶者夫、もしくは妻。ただし法律上、婚姻関係を結んだひとに限るので、内縁関係や事実婚の配偶者はカウントされない。
直系卑属基本は子ども。
また養子も実子がいる場合には1人、いない場合は2人までなら認められる。本来の相続人が死亡していた場合、その子ども→孫→ひ孫と、何代くだっても相続権を引きつぐことが可能。
直系尊属基本的には実母、実父。ただし両親が死亡しており、祖父母や曽祖父母などが存命の場合は、遡って相続権を引き継ぐことができる。
傍系兄弟姉妹が対象。兄弟姉妹が死亡していた場合、その子の甥姪一代限り、相続権を引き継ぐことが出来る。

一般的に、相続人の数は多い方が良いとされています。というのも、相続税の基礎控除額の計算には、法定相続人の数が大きく関わってくるからです。

他方で、法定相続人だからといって、必ずしも遺産をもらえるわけではありません。被相続人との関係性によって、相続順位が決まっているからです。

具体的な順位を以下に記載してみましたので、ご確認ください。

法定相続人の順位

配偶者

被相続人に配偶者がいた場合は、常に相続人になります。

第1順位 子ども(直系卑属と言います)

被相続人の子どもは、相続人になります。なお、相続を考えるうえでの子どもの定義は、法律上被相続人と親子関係にあるかどうかです。つまり、配偶者以外との子どもであっても、認知されていれば相続権を持つことが出来ます。また、養子も最大で2人(※)までなら、相続権を持つことが出来ます。

※表でも解説していますが、実子がいる場合は1人まで、居ない場合に限り2人まで認められることとなります。

第2順位 親(直系尊属と言います)

被相続人に子どもがいない場合、親が遺産を相続することが出来ます。また、両親が養父母であったとしても、相続権が発生します。

第3順位 兄弟姉妹

兄弟姉妹が、相続するには、被相続人に子どもがおらず、両親も死亡していなければなりません。

法定相続人と法定相続分

法定相続分とは、各相続人が相続することのできる割合です。法定相続人と相続順位の組み合わせによって、相続分が変わってきます。言葉での説明ですと、わかりづらいので、ケース別に確認していきましょう。

ケース① 配偶者+○○

配偶者と他の組み合わせは、以下3通りになります。

  • 配偶者+子ども
  • 配偶者+親
  • 配偶者+兄弟姉妹

配偶者+子ども

配偶者と子どもの法定相続分は、2分の1ずつになります。ただし、子どもが複数いるケースでは、2分の1の財産を子どもの人数で割ることになります。以下の具体例でご確認ください。

例1:被相続人の遺産が1,000万円で、配偶者と子ども1人が相続する場合

1,000万円÷2=500万円
配偶者の相続分=500万円
子どもの相続分=500万円

 

例2:被相続人の遺産が1,000万円で配偶者と子ども2人の場合

1,000万円÷2=500万円

配偶者の相続分=500万円

子どもは、相続分の500万円を人数分で割るので、

500万円÷2 =250万円

各1人の相続分は250万円

配偶者+親

配偶者と親の場合、配偶者3分の2、親3分の1になります。こちらも、例がないと分かりにくい部分があると思いますので、以下をご確認ください。

例1:被相続人の遺産が1,200万円で、配偶者と父親が相続する場合

1,200万円×3分の2=800万円

配偶者の相続分は800万円

1,200万円×3分の1(親の法定相続分の割合)=400万円

父親の相続分は400万円

 

例2:被相続人の遺産が1,200万円で、配偶者と両親が相続する場合

1,200万円×3分の2=800万円

配偶者の相続分は800万円

1,200円×3分の1=400万円

両親の取り分は400万円

400万円を各親に振り分けると

400万円÷2=200万円

両親の相続分は各200万円

配偶者+兄弟姉妹

配偶者と兄弟姉妹の遺産の法定相続分は、配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1です。具体例がないとイメージがつきにくいと思いますので、下記をご確認ください。

例1:被相続人の遺産が2,000万円で、配偶者と妹が相続する場合

2,000万円×4分の3=1,500万円

配偶者の相続分は、1,500万円

2,000万円×4分の1=500万円

妹の相続分は、500万円

 

例2:被相続人の遺産が2,000万円で、配偶者と弟、妹が相続する場合

2,000万円×4分の3=1,500万円

配偶者の相続分は、1,500万円

2,000万円×4分の1=500万円

400万円を弟妹に振り分けると

500万円÷2=250万円

弟妹の相続分は、各250万円

ケース② 配偶者がいない場合

配偶者がいない場合、被相続人の財産の相続はどうなるでしょう。

配偶者がいない場合の相続分については、先ほど解説した相続順位によります。こちらもイメージがつきにくいと思いますので、下記の具体例をご確認ください。

 

例1:被相続人の配偶者がすでに死亡しており、法定相続人には、子ども、両親、妹がいる場合

この場合、第1順位である子どもが被相続人の遺産をすべて相続することになり、子ども以外の法定相続人は、相続人になれない。

 

例2:被相続人の配偶者がすでに死亡しており、またその子どももいない。法定相続人には、両親と、兄がいる場合

この場合、第2順位である被相続人の両親が、遺産を引き継ぐことになる。兄は、第3順位なので、相続人になれない。

 

例3:被相続人の配偶者、子供、両親がすでに亡くなっており、妹が一人いる場合

この場合、妹以外の法定相続人がすでに亡くなっているので、妹が遺産をすべて相続することになる。

 

なお、同順位者が複数いる場合には、人数で割ることは、先程述べたとおりです。

【事務所】優和綜合法律事務所
【弁護士】内藤 政信
【所属】第一東京弁護士会所属
【一言】東京の錦糸町で35年以上弁護士として活動しています。ご依頼者様の立場にそって、より良い解決方法を目指し対応しております。お気軽にご相談ください。

優和綜合法律事務所のことをもっと知りたい方はこちらもご参考ください。

【墨田区錦糸町で活躍中】優和綜合法律事務所
優和綜合法律事務所とは?   優和綜合法律事務所は、墨田区の錦糸町で活動をおこなっております。 弁護士というと固く、気難しいイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、当事務所はアットホームな雰囲気の法律事務所です。 当事...